2回目の2年生…やり直すんだ。そして、次はうまくやる

2回目の2年生…やり直すんだ。そして、次はうまくやる

4月だというのに今日は1日寒くて引きこもりの桜月です。

2回目の2年生か…と思いつつ
毎日のように暗示をかけてやっています。

タイトルは、先日Twitterでループものっぽい
みたいなのを見て、こんな台詞あったなと思い()

昨年の自分の反省点を直すことで、今年はしっかりと進級します。
昨年の反省点…

第一 前期の成績がすこぶる悪かった。

これに関しては、特に必修の科目について
一応1年次にやっているから大丈夫だろうと考えていたところ…
がっつりやらかしました。
正直前期が終わった時点でもう諦めムードが漂うレベル。

ただ、後期について少し上昇していたことから…
今年は、前期の成績を向上させる!
とくに、単位が大きい科目は後々影響があるから徹底的に。

第二 選択科目や課外講義に時間を割きすぎていた

必修科目の他にも、選択科目があるのですが…
「色々やりたい!」という自分の悪い癖がでてしまい。
色々採ったり、公開講座を見に行ったりしてたんですよね。

あとは、課外講義的なものがあり…大体あると行っていたのです。

どれも、行くととても勉強になります。しかし

キャパオーバー

になっていました。
さらに、それらに行くとスゴい勉強をした気になってしまうという…

第三 圧倒的アウトプット不足

講義の予習で該当するテキストや判例など
読んだりするインプットに関してはやりました…
ただ、答案を書いたりアウトプットをすることを怠けていました。
結果としてインプットしたものも忘却の彼方

将来的な目標である司法試験もそうですが
ロースクールの試験も短答はありますが、勝負は

論文試験

最終的に、問題について
自分の考えを他人に伝わる文章で書くレベルにまでアウトプット
しなければならないのです。

そこがゴールであるのに、論述から逃げ…
闇雲にテキストを読んでいても向上はありません。

なので、この論文試験に向き合うこと
これこそが、桜月が進級のためにしなければなりません。

講義について、2回目になり
それぞれの法律のアウトラインを少しずつ意識して講義を受けることが
前回に比べ出来ているので、よりしっかりと講義に学び
また、それだけでなくアウトプットにも全力で行きます。