今日から強姦罪が強制性交等罪にかわる件。今度から男も強制性交等の被害者として声を上げやすくなる?

今日から強姦罪が強制性交等罪にかわる件。今度から男も強制性交等の被害者として声を上げやすくなる?

テロ等準備罪が成立っていうのがニュースに上がっていますが

実は、これまで110年余り変わらなかった刑法が改正されました。(今日施行)

さて、もう施行されたということは…司法試験の使用法令が変わるという!

とりあえず、どこらへんが変わったのか大きなところをまとめてみました。

 

強姦罪が強制性交等罪へ

 

強姦罪が強制性交等罪(177条)に変わりました。

今まで、強姦罪の被害者は女性に限られていて、これは男女平等からしてどうなの?

というか、男の被害者はどうなるの?!掘られたりしても訴えられないの?

ということで、現状からしても、変えないといけない状態だったわけです。

ちなみに、今までは姦淫を罰する規定になっていましたが口腔性行(フェラ)も処罰対象になっています。

と言っても、これまでも強制わいせつ罪(176条)の範囲といえば範囲だったわけですが、男性でも強制性交等の被害者と言えるようになったわけですね。

また、準強制性交罪178というのもあるので…

部活の先輩などから断れない状況で咥えろよと言われてやらされたりしたら、がっつりこれです。

もし被害にあっている人がいたら声をあげましょう。(というか、それはいじめというレベルじゃないです)

 

さらに、法定刑が重くなりました

今まで、強姦したものは3年以上の有期懲役に処するとなっていましたが…

今回の改正で5年以上に引き上げられました。

今まで強姦にならなかった男性の被害者からしたら、まず重い犯罪にならなかったものが前よりも重い犯罪となるということなので、これは大きいですね。

また、集団強姦が削除されましたが…

それぞれの人間に課される刑が重くなったわけなので、集団だろうと個人だろうと被害者の傷は深いからより重く!となったわけです。

刑罰が重くなることで、犯罪の抑止力になればいいですね。

 

監護者わいせつ・性行等罪が新設

 

児童虐待で結構問題となるのが、親が子どもに対して性的虐待をすることです。

これについては、通常よりも表に出てこない性質があったことや暴行脅迫をしてはいないけれど、性的虐待をする場合もあるので

監護する者であることによる影響力があることに乗じて」した行為が対象になりました。(179条)

ただ…この問題に関しては児童虐待全般に関して言えることですが、表に出にくいのでどうなっていくのか。

 

親告罪の削除

 

元強姦罪などは、被害者が訴えないと犯罪とならない親告罪になっていましたが、それがなくなりました!

今まで、性犯罪の被害者は被害があったことを警察に持って行ったりすると、そのことが周りの人間にバレたりして2次被害を受ける可能性がある。

などの理由で、強姦などを犯罪として取り上げてもらうかは、被害者の意思によることになっていました。

しかし、そうすると被害者が言わないだろうとタカをくくる人間がいたり、最近はスマホなんかで写真や動画が簡単に取れるので、これで脅して訴えないようにする人間がいたり…

実際に事件となるものが、被害の氷山の一角に過ぎないという実情(ソース探す余裕はなかったです)から

親告罪では、犯罪を抑制できないという理由からなのではないかなと感じます。

ただ、そうなると被害者が表に出したくないという場合においても晒される可能性も出てくるのでどちらがいいのか…

 

個人的に気になるところ

 

姦淫は条文に残りました

それは、どこかというと、姦行勧誘という条文(182条)です。

…勧誘に関しては男子は守られないのかな?

ウリをさせようと勧誘する人はいないってことなのかな?

法律案の理由にも、今回の改正は、「近年の性犯罪の実情に鑑み」って理由だから確かに、女子に比べたら少ないかもしれないけれど、うーん。

そして、ふりがな振るほど使わない言葉だし、この際姦淫って言葉を使用しなくなるってことはしなかったんですね…

強制わいせつ罪(176条)では、今まで男女となっていたところが者となっていたり、女子と書いてあるところが、人て変わったりと…
今回の改正の理由とかで、男女平等をというのも聞いていたのでそこの面からすると男女ともにしちゃてもよかった気がします。(個人的見解)

ただ、これについては、個人的に気になりましたがとりあえず、女子を勧誘する人間が多いから早急にやらなきゃいけないという理由があるから仕方ないのかなという感じです。

 

さて、もう施行されてということは、3年後順調にいけば司法試験を受検する時の法令が変わっているわけです。

学部の時に学んだことと変わっていますが、これから各論の勉強になるので気をつけて勉強を進めていきたいと思います!

 

参考 法務省HP:刑法の一部を改正する法律案