2017年法科大学院適性試験第一回申し込み締め切りが過ぎ

2017年法科大学院適性試験第一回申し込み締め切りが過ぎ

今年度の法科大学院全国統一適性試験の第1回目申し込みが、水曜日に締め切られてましたね。

去年の「本当に申し込もうかどうしようか」と迷っていた自分が懐かしいです。

法科大学院適性試験

 

まず、大学院に入るにはこの法科大学院適性試験なるものを受けなくてはいけません。
平成30年度は実施されないようです。

 

法律の知識が問われるわけではなく,法科大学院に入ってから必要になる「判断力」「思考力」「分析力」「表現力」に関する能力を測る試験が内容になっています。

計算問題(算数レベル)が出たり、長文読解や作文などなどが出るのですが…

あれ?これができたからといって法科大学院に入れるのか?とふと思ってしまう感じです。

とりあえず、この法科大学院適性試験を受け、その結果を受験先の法科大学院に提出し、それを加味されつつ各大学院を受験していくわけです。

詳しい話は今度まとめよ。

1回目2回目の違い

 

で、その法科大学院適正試験ですが1年間で2回あります。といっても開催日が近いので実質1回って言ってもいい気がします。

今年でいうと

第1回目 6月4日

第2回目 6月18日と両方の間が2週間しかありません。

 

正直な話どっちにしろ1回目の試験の時には勉強をほぼ済ませておくことが必要です。

一応両方の構成は同じで、どちらかだけ受けても、両方受けてもいいっていう制度になっています。両方受けた時には、成績がよかった方の結果が受験する大学院に行きます。

なので、「どっちか受ければ余裕っしょ」みたいな人はどちらか一回を受けるだけでいいと思います。

ただ、2回で問題の感じが違ったりするので受けられる人はもちろん受けましょう。

自分は、1回目も2回目も両方とも受けました。

1回目は平均点をそこそこ超える点数だったのに、2回目は散々たる結果になっていて…

1回目が奇跡なんじゃないかと思いましたね!まぁ、そういうこともあるのです。

自分の時の話

 

自分の時は、確か月をまたいでいたような気が…日時まで覚えてないや。

 

ただ、その時同時進行で就活もしていたので、なんかあっという間に試験日が来てしまった思い出があります。

それに、就活してるのに本当に受けるべきなのか。親になんて言おうか。とか、そういうことを思いながらもやっぱり受けたいという気持ちが大きくなっていたので、無理言って受けちゃいました。

もし、就活している人でやっぱり法科大学院を目指したいなという人がいたらとりあえず受けちゃう。っていうのもありなんじゃないかなと思います!

 

2回目はまだ間に合うよ

 

今年の1回目はもう締め切りが過ぎちゃったので申し込みはできませんが…

2回目についてはまだ募集してるので申し込めますよ!

法科大学院全国統一適性試験 2017年実施試験

詳細は上記のリンクから見てください。(間違った情報出しちゃうとあれだし)

後1ヶ月くらいはあるので、まだ勉強間に合います!

法科大学院に行きたいと少しでも思うのならば、まずは第一歩です!!

 

自分が適性試験対策で使ったテキスト
とりあえず、解く。そして、実感をつかもう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

法科大学院適性試験過去問分析+予想問題集 [ TAC株式会社 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)